腱鞘炎の痛みに、痛み専門院での
治療と改善例。

なぜ腱鞘炎が治癒しないの、治す方法はあるでしょうか

とにかく、この腱鞘炎の痛みを、少しでも早く何とかしたい。でも……

手首や指の腱が張って痛む、腱鞘炎・ドケルバン病というと「使わないようにして」「冷やす」「固定する」などと言われます。なかなか使わないようにするというのは難しいと思います。
無理に動かすのはよくありませんが、安静を長く続けていると、筋力の低下や関節の拘縮で、かえって症状が長引く事もあり得ます。

腱鞘炎が注射や抗炎症剤の対症療法で改善しないのは、じつは原因が腱(スジ)や腱鞘(スジが通るさや)の炎症ではなく、筋肉のしこりを引き起こしている、トリガーポイントにあるためです。これにはトリガーポイント鍼療法が有効です。

原因がよく分からない関節の痛みは、筋・筋膜痛のことが多いようです。腱鞘炎に悩んでいる、流山市、柏市、松戸市の方は、「のざき鍼灸治療院」のトリガーポイント治療をお受けください。
筋・筋膜痛は、筋膜などにある痛みの感覚器官が、異常を起こして過敏になることで起きます。過敏になった感覚器官をトリガーポイントといいます。筋肉の緊張などでトリガーポイントが刺激されると、神経を興奮させ痛みとして感じるのです。

トリガーポイント治療、松戸・柏・流山の方に多数の腱鞘炎改善例があります

数々の雑誌に掲載された、千葉県・流山市「のざき鍼灸治療院」トリガーポイント鍼療法による、腱鞘炎治癒例の一部をご紹介します。

●症例

30代、女性の方です。……「長女を出産した後、ホルモンバランスの変化と育児で心身の負担から《バネ指》になってしまいました。親指が曲がったまま戻らなくなって、無理に戻そうとすると音がして、激痛が走ります。育児が大変なのに途方に暮れていました。
野崎先生のところに行き、腱の所に鍼治療をしてもらいました。週に1回治療をして、自宅でも運動療法を続けました。今ではバネ指から解放されています」(※治療効果は人により異なります)

20代、女性の方です。……「常に手を動かさなければならない仕事なのですが、使い過ぎから右手首が痛くなってしまいました。仕事に差し支えるので整形外科を受診したら《狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)》と診断され、ギプス固定をすすめられました。生活する上で手を使わないわけにはいかず、難しい事です。
野崎先生に何とかしたいと相談したところ、週1回の治療を約10回ほどしていただき、痛みは大幅に軽くなりました。これなら仕事を続けられそうです」(※治療効果は人により異なります)

電話: 04-7158-8160

当院のモットー

トリガーポイント療法は、日本ではNHKの番組で取り上げられて以来、一般に知られるようになりました。世界的に先進医療として扱われ、副作用がなく後遺症の心配もいらない治療法です。いままで原因不明といわれていた腱鞘炎に効果が認められます。

千葉県流山市の「のざき鍼灸治療院」は、筋・筋膜痛が原因の腱鞘炎を解消する、トリガーポイント治療が専門です。
トリガーポイントを治療することで、神経の興奮を取り除き、固くなっている筋肉をほぐします。トリガーポイントが生ずるのは、度々の筋収縮による機械的刺激ですから、同時に日常生活で偏った姿勢や動作に気をつけ、適度なトレーニングを行います。

のざき鍼灸治療院・院長は、トリガーポイント治療の第一人者である黒岩共一・関西医療大学教授の主催する、トリガーポイント研究会(大阪)に所属しております。

千葉県流山市と、お近くの柏市、松戸市で整形外科や代替療法でなかなか治らない、しつこい腱鞘炎が解消し、再発を予防できている方がたくさんいらっしゃいます。トリガーポイント治療は、習慣性や副作用がなく後遺症も残らない治療法です。

電話: 04-7158-8160

当院の実績

のざき鍼灸治療院は、トリガーポイント鍼療法の専門院として、多くの患者さんを診てまいりました。たくさんの腱鞘炎症状改善例・治癒例があり、効果の高さから口コミ・紹介で、流山市のほか、松戸市、柏市その他からも、患者さんが訪れます。

◎トリガーポイント治療の専門家として評価を受け、各種メディアにも掲載されています。

雑誌掲載

千葉テレビ

◎プロスポーツ選手・アスリート・オリンピック代表などからも信頼され、施術をされています。

筋肉が原因の腱鞘炎の場合、姿勢や身体の片寄った使い方など、気づきにくい問題が日常生活に潜んでいることが多く、アフターケアが大切になります。
当院では、アスリート、プロスポーツ選手のコンディショニングも手掛けていて、腱鞘炎の初期症状から、再発予防のメンテナンスまで対応いたします。

K-1 WORLD GP 牧平圭太選手

リオ・オリンピック出場 福島大輔選手

電話: 04-7158-8160

患者さんの声 外部の評価

電話: 04-7158-8160

治療を受けても改善しない、すぐ再発する慢性腱鞘炎に悩む患者さん

流山市・松戸市・柏市で、さまざまな治療を受けても改善しない、腱鞘炎の痛みにお悩み方はぜひお試しください。
少しでも早く、腱鞘炎が解消しますよう、のざき鍼灸治療院のトリガーポイント鍼治療をご予約ください。

※のざき鍼灸治療院の休診日は木曜日と祝日です。臨時休診がありますので、ご予約の際にご確認願います。
土曜・日曜も診療していますが、比較的平日は予約を取りやすくなっています。

●のざき鍼灸治療院 住所:千葉県流山市 大字鰭ケ崎1590−21(←タップでmap表示)
流鉄流山線、鰭ヶ崎(ひれがさき)駅、つくばエクスプレス・武蔵野線、南流山駅を利用できます。お車の方は駐車場もあります。

■院長・野崎真治プロフィール
・国家資格:はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師
・経歴:整形外科医院などに勤務の後、
    2004年トリガーポイント鍼療法専門院を開院
・現職:のざき鍼灸治療院院長
・その他:SIGトリガーポイント研究会会員

ご予約はお電話 ✆ 04-7158-8160 のざき鍼灸治療院へ